高田純次の嫁との馴れ初めは?30歳で舞台の夢を追った高田に嫁は涙!意外と誠実な男!?

bunsyuntakada

タレントの高田純次さんは「(ビジネスマナーの)ホウレンソウは、おかかにお醤油がベスト。ソースをかけたことあるけど美味しくない」などテキトー男として知られます。

高田純次さんの奥さんは、勢子さんといい日本舞踊の師匠だそうです。高田純次さんは舞台俳優をしていた頃に結婚した奥さんで当時は極貧生活を送っていました。

高田純次の奥さんへの愛情や、50代美女との不倫疑惑、奥さんの前での意外な素顔に徹底的に迫ります。

 

高田純次の嫁は日舞の師匠?

高田純次さんは26歳の時、当時日本舞踊の師範をしていた1歳年下の女性と結婚しています。

日本舞踊家は弟子をとって芸を教える、公演をするなどが主な仕事のようですね。

現在は73歳です。奥さんは一般人なので顔写真は少ないです。1984年3月に放送された『花王 ワンダフルソフト』のCMに家族で出演していました。

takadayome

画像出典元:Yahoo!画像検索

他に1985年放送『エバラ食品 黄金のタレ』にも家族で出演して仲睦まじい様子を見せていました。

ebaratakada

画像出典元:Yahoo!画像検索

エネルギッシュな感じの奥さんですね。パンチパーマは不思議ですが、どことなく上品な感じがします。日本舞踊の芸は「一子相伝」が基本で家元や宗家の立場が強いそうです。さらに10年かかると言われる修練を積んでも師範の免状をもらっても食べていくには難しいお仕事だそうです。

高田純次さんが役者を目指すため劇団乾電池に所属していた頃、奥さんの収入に頼り切りであらゆるアルバイトと舞台の稽古をこなしていたそうです。しかし200万円あった貯金がすぐなくなってしまったそうですから奥さんの収入は2人暮らしていけないくらいだったのではないかと思われます。

日本舞踊は自宅の舞台で教わるため舞台のある広い家が必要だそう。奥さんの家柄は明かされていませんが名家の生まれなのかもしれませんね。

 

高田純次の不倫疑惑はデマ!

 

高田純次の浮気疑惑の相手は?

高田純次さんは出演番組でところ構わず女性を口説いているイメージです。高田純次さん自身が「若い頃はいい女を見つけると所持金が30円でも構わずナンパした」「専門学校時代、友人と借りたアパートにナンパした女の子を連れ込んだ」など豪語していました。

高田純次さんに2019年8月NEWSポストセブンから「隠し子がいるのではないか」と報道がありましたがどうやらガセネタのようです。

高田さんとその女友達Aのそのあまりの親密さから19年前に週刊誌で報道されたお相手です。Aは目鼻立ちのはっきりした、高嶋ちさ子似の美女だそうです。シングルマザーで子供が一人いる方のようですが、高田純次さんが海外ロケ先で会っているのを報道されました。

takasimahitachi

画像出典元:日立市民会館

隠し子ではないかとの記者の質問に、

「まぁ、親代わりはしていますが、ぼくの子供ではないです。保証人みたいな感じというかね。保証人っていっても、文字通りのそれではないけれども…」

引用:NEWSポストセブン

隠し子というのは嘘なようですが親代わりって結構親密な感じがしますね。高田純次さんにとって昔恋人かそれに近い関係だったそうです。

ですが女性にだらしないのは本当です。結婚から4年後の30歳のとき当時広告代理店で働いていたとき下請けの女性をご飯に誘ったと本人が語っていました。奥さんは根にもつタイプだそうです。

高田さんが深夜2時や3時ごろ帰ったときに言い訳をいろいろ考えながら家に入っても奥さまは何も聞いてこないのだそうです。

そして数日たってから帰りの遅かった日の理由を聞くのだそうです。

引用:旦那・嫁・夫婦関係.com

怖い、、そんな奥さんだからこそ高田純次さんの暴走をうまくコントロールできているのかもしれませんね。

高田純次の発言が自由過ぎ!

高田純次さんはそのテキトーぶりが知られています。発言の大半がカットされるというヤバさ(笑)女性関係も奔放なのかと心配になります。

ダウンタウンの松本人志が『水曜日のダウンタウン』で暴露した発言があります。

「(歯を矯正している一般の少女に対し)なに、キミ、針金食べてるの?」

引用:現代ビジネス

さすがの松本人志も「今なら確実にアウト」と言っていました。

さらに下着メーカートリンプ『トライ!! スロギー ZERO FEEL!!』プロモーション動画完成発表会に出演した際も下ネタを連発していました。

2015トリンプ・イメージガールを務める永田レイナがショーツの上にデニムの短パンを着用していたのに対して

「こういう仕事をしていたら、女優さんが『ちょっと私の下着を見てもらえますか』って言ってもらえるかも」

「ちょっと見せてみようか」

「わかった、俺が見せるよ」

引用:日テレNEWS24

見事にギリギリ発言の高田純次さんらしいですね。高田純次さんは娘の同級生をナンパしたこともあるんだと、、豪快すぎますね。。

 

”テキトー男”高田純次と嫁は自由劇場で出会った!

馴れ初めは劇団でです。1971年高田純次が24歳の頃劇団『自由劇場』で活動していました。

デザインの専門学校を出た高田純次さんは、やることなくアルバイトで生計を立てていました。自由劇場の舞台の素晴らしさに感激して役者になろうと決意します。

そして高田純次は、自由劇場が役者志望を募集していた「麻布アクターズジム」に入所しました。

その役者としての下積み時代に出会ったのが奥さんです。70歳近い今でもダンディで素敵な高田純次さんは若い頃ももちろんハンサムです。

takadakusuri

画像出典元:芸能人の息子まとめ

爽やかさも相まって素敵ですね。ころっと甘い言葉で騙されてしまいそうな魅力があります。

 

結婚の決め手は誠実さ!?

 

結婚の決め手は誠実さだった

高田純次は自由劇場を抜けた後イッセー尾形さんと劇団「うでくらべ」を結成しています。

しかしそれを辞め1973年26歳の時に家庭を支えるため宝石の卸会社の『トキモト』に就職してます。

『トキモト』のあった御徒町は宝石街として知られ冠番組『じゅん散歩』で高田純次さんが訪れていました。

1973年 26歳のときに高田純次さんは奥さんと結婚するため舞台俳優の夢を諦め宝石店の営業としてサラリーマンになります。

自由劇場を抜けた後はイッセー尾形さんと劇団『うでくらべ』を結成しています。これを辞めてのことなのでかなり勇気のいる決断だったでしょう。

高田 僕も柄本たちに誘われたんですよ。だけど、仕事がちょうど軌道に乗ってきたし、芝居やっても食えないからって断った。

引用:文春オンライン

奥さんに対して誠実なところが高田純次さんを結婚相手に選んだ理由ですね。根は真面目なのでしょうね。

宝石店の営業は上司からも気に入られ営業成績もよかったんだとか。

ダイヤモンド鑑定士の資格を持っていてしかもデザイナーの専門校出身なのはコメディアンのイメージが強いので意外ですね。。

 

舞台俳優になって過ごした極貧生活がヤバい!

1976年に長女が生まれています。働いて2年経つ頃には貯金も200万円貯まり生活は順調でした。

1977年9月に柄本明主催の劇団『東京乾電池』に入り舞台俳優になってしまいます。高田純次さんが『自由劇場』時代の同期、柄本明ベンガルと飲んでいた時、劇団『東京乾電池』を結成した彼らの演劇への熱がすさまじかったそうです。

そのあまりの熱量にショックを受けた高田純次さんにベンガルから「次の公演に出ないか」と電話があって演劇に再び没頭するようになったんだそう。

生活が心配ですね、、奥さんは最終的には許したようですが

高田 会社に辞表を出してから何日か経ってから女房に言ったのよ。さすがに泣かれてしまいましたけどね。「家族は食わして行くから」「仕方ないわ」って話し合いをして、それ以来も一緒に過ごしてますけど、こればっかりはありがたいって思ってますよ。

引用:文春オンライン

私だったら離婚ですかね、、奥さんの高田純次さんへの愛情は相当深いようです。

奥さんを大切に思う高田純次さんはアルバイト漬けの生活でなんとか生活費を稼いでいたようです。

1985年の『天才・たけしの元気がでるテレビ』で「早朝バズーカ」というバズーカの目覚まし企画でテレビコメディアンとして大ブレイクするまでほぼ無給の舞台俳優業をアルバイトの収入で賄う生活でした。

日本舞踊の師匠をしていた奥さんの収入に頼るも200万円の貯金もほぼ使い果たしてしまったそうです。

 

ストレスで円形脱毛症に!?

東京乾電池を1987年に退団するまでの10年間は芝居の稽古が終わって夜7時から朝6時まで工事現場のアルバイト、睡眠は毎日3時間の生活を送っていて円形脱毛症になったそう。

自著『高田純次のチンケな自伝』で「犯罪以外の全ての職をやってきた」と語るほどで当時は家賃2万2千円の風呂なしアパートに暮らしていました。奥さんと娘だけを銭湯に行かせ、高田純次さんは台所で体を洗っていたそう。

底抜けに明るい今とは対照に極貧生活を送っていたんですね。その中でも奥さんを大切にしていた高田純次さんはすごいです。

「自分じゃ“適当”とか分からないじゃないですか。でも“適当”っていう言葉が歩き始めて、自分は“適当”にしなきゃいけないのかなって。“適当”の度合いが分からなかった」

引用:スポーツ報知

高田純次さんの奥さんへの愛情は適当じゃないですね。

さらに劇団時代の奥さんへの愛を感じられるエピソードが残っています。

高田純次さんが舞台俳優業と掛け持ちで工事現場のアルバイトをしていた頃アルバイトのロッカーにあった1万円がなくなってしまった事件がありました。

高田純次さんは犯人に対して、

「妻にクリスマスプレゼントを買うための一万円なんです、誰かなんて探さないので、僕がしばらく出ている間に戻してください!」

引用:きこりと学ぶあなたも知らないトレンド情報

犯人を探さないのがかっこいいですね。そのおかげか1万円は無事戻ってきたそうです。

 

世間の声

takada takada2

画像出典元:Twitter

高田純次さんは軽いようで周りのことがよく見えているお方ですね。高田純次の名言まとめができるくらいです。

まとめ

高田純次さんの奥さんについて迫ってきました。

舞台俳優の夢を支えた奥さんもすごいですがそれに応え人気タレントにまでなった高田純次さんはすごいですね。

これからも高田純次さんのテキトー語録が増えるのを楽しみに応援したいと思います!

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)