山本陽子は過去結婚を考えていた相手を失っていた・・独身を貫く辛すぎる理由とは。

tetuko

女優として活躍する山本陽子さんは2022年現在80歳近いですが変わらず綺麗ですよね。

若い頃は日活の看板女優として映画だけでなくドラマにも多数出演してこられた方ですが、若い頃に「結婚したい女優No.1」と言われた妖艶な魅力は今も変わってないですね。

山本陽子さんは現在に至るまで結婚していなくて子供もいないそうで、、これだけお綺麗だとご結婚されているのではと思いましたが意外です。。

山本陽子さんは1978年頃俳優の田宮二郎さんと不倫関係にあったそうでその後は1982年頃から20歳年下の沖田浩之さんと交際されていたんだとか。

不倫に若手俳優との交際って交際関係が派手だったのか、「魔性の女」と呼ばれたのも納得ね。

若い頃は結婚したいと考えていた山本陽子さんが独身でいることを選んだ理由はなんだったのでしょうか。

山本陽子さんはどんな人なのか、結婚していない理由と結婚観、過去噂になった相手について徹底的に調べました。

 

山本陽子のプロフィール

山本陽子(やまもとようこ)

jisin

画像出典元:女性自身

本名:山本陽子

誕生日:1942年3月17日

血液型:A

出身地:東京都中野区

身長:155cm

山本陽子さんは「赤いハンカチ」や「源氏物語」など多数の名作に出演して菊田一夫演劇賞名古屋演劇ペンクラブ賞などを受賞している女優です。

1967年からの山本海苔店との専属契約年数はギネス世界記録に認定され現在も記録を更新し続けています。

 

山本陽子は現在結婚願望がなく熱海で独身生活を満喫!

yamamotoyoko

画像出典元:映画.com

山本陽子さんは2022年80歳になりますが結婚はしておらず過去に結婚されていた相手もいらっしゃらないようです。

山本陽子さんは現在、人間関係を断捨離して2012年70歳のとき終活のため移住した熱海で暮らしています。

一人暮らしにほとんど寂しさはなく充実した生活を送っているようです。

aruite

引用:女性自身

 

山本陽子は過去に結婚願望があった

山本陽子さんは証券会社勤務の父親の影響で國學院高等学校卒業後の1960年から女優デビューする1963年までの3年間、証券会社で働いていました。

当時は女性の社会進出が始まった頃でした。

山本陽子さんは進学ではなく就職を選んだ理由を「いい会社に入って結婚したかったから」と答えています。

山本陽子さんはかつては結婚を考えていたようですが女優として成功したことで仕事と私生活が充実し結婚しないことを選んだようです。

山本陽子さんはスポンサーを務める健美力のCMでこれからもバリバリ仕事に邁進していきたいと語っていました。

2017年10月22日に山本陽子さんを四柱推命で占った方によると今後も山本陽子さんは職業婦人として俳優業の最前線で活躍されるそうです。

1942年3月17日生まれの山本陽子さんは四柱推命によると漢字の「帝旺(ていおう)」と「建禄(けんろく)」を持っているとのこと。

帝旺」はいずれかの部門でトップに立つという幸運を、「建禄」は稼ぐことを表しているそう。

山本陽子さんは女優として大成し道を極めていくようですね。




山本陽子の付き合っていた人は俳優・田宮二郎

山本陽子さんが付き合っていたお相手は二人いて一人目は俳優・田宮二郎です。

田宮二郎さんにはすでに妻子がいて山本陽子さんは不倫相手でした。

田宮二郎さんと山本陽子さんの不倫はうやむやになったまま、田宮二郎さんは突如自殺しています。

田宮二郎さんと山本陽子さんの馴れ初め、田宮二郎さんの自殺理由に迫ります。

 

山本陽子と田宮二郎の馴れ初めから破局まで

tamiyaginmaku

画像出典元:暗闇の中に世界があるーこの映画を観ずして死ねるか!ー

山本陽子さんと田宮二郎さんの馴れ初めは1978年6月から1979年1月のドラマ「白い巨塔」での共演がきっかけだと言われています。

山本陽子さんが31歳、田宮二郎さんが38歳で7歳差でした。

山本陽子さんは2016年2月5日放送のNHK「あさイチ」で「男前なところ」が特徴と語ってたくらいで「過ぎたことにクヨクヨしない」性格だそうです。

田宮二郎さんと不倫するのにもあまり抵抗がなかったのかもしれませんね。

当時山本陽子さんは田宮二郎さんのマンションに住んでいたらしく、マスコミに対して田宮二郎さんは「山本さんは住んでいない。彼女のファミリーにお貸ししてるんですよ。」と答えていたものの信じるものはほとんどいなかったようです。

芸能界の中でも二人の仲は公然の秘密でした。

tamiyajiro

画像出典元:aucfan

田宮二郎さんは1960年から1970年ごろに活躍した俳優で代表作はドラマ「白い巨塔」で歌手やバラエティ番組「クイズタイムショック」の司会者としても活躍していました。

山本陽子さんと田宮二郎さんはドラマ「白い巨塔」の続編で1974年4月〜9月放送のドラマ「白い滑走路」でも共演しています。

siroikassou

画像出典元:ゆうべ見た映画

山本陽子さんと交際が噂された田宮二郎さんは1978年に猟銃自殺をして、それで不倫は終わっています。

田宮二郎さんの自殺理由ははっきりとしませんが田宮二郎さんが躁鬱病だったことが主な理由とされています。

田宮二郎さんの自殺について山本陽子さんはかなりショックだったと思います、、この辛い経験をしたから今も独身のままなのかも知れませんね。

 

山本陽子が付き合っていた二人目は俳優・沖田浩之

山本陽子さんが付き合っていた二人目のお相手は20歳年下の俳優・沖田浩之です。

付き合ったきっかけ、自殺理由について迫ります。

 

結婚相手と噂された沖田浩之は自殺・・元竹の子族のアイドルで親衛隊もいた

1982年頃、ドラマ「愛を裁けますか」で共演したことがきっかけで噂になりました。

当時山本陽子さんが40歳、沖田浩之さんが20歳で「年の差カップル」でしかも子供がいるとまで言われましたが子供がいるという情報はデマだったようです。

ドラマでは山本陽子さん演じる高校教師の教え子を沖田浩之さんが演じていてドラマを撮影する中で沖田浩之さんが演技や人生観のアドバイスを山本陽子さんにもらっていたそう。

1983年1月に六本木のクラブで仲睦まじそうに見つめあって酒を飲む二人が目撃され、1984年には山本陽子さんのマンションに沖田浩之さんが泊まっていたことまで報道されました。

山本陽子さんは取材に対して「彼が家に来たら、お料理は作りませんが、お茶くらい出しますよ」と言っていました。

男女が泊まって何もないなんてこと、、あるのかしら。。

ドラマ関係者は「当時の二人は”陽子さん””ヒロくん”と呼び合う親密な仲だった」と明かしています。

aucfree

画像出典元:Aucfree

 

沖田浩之さんは、1980年ごろ原宿の歩行者天国を拠点にラジカセ音楽で踊る集団「竹の子族」のリーダー的な存在でした。
okita

画像出典元:レクのうわさばなし

原宿で踊っていたところを1980年にスカウトされます。

これだけ顔が整っていたらスカウトされるのも納得ですね。

1980年はアイドル全盛期でもあります。

アイドルの仲間入りをした沖田浩之さんはデビュー曲「E気持」がオリコン最高8位、売り上げ40万枚と大ヒットしています。

1984年に歌手を引退してはじめた俳優活動は当初仕事のない不遇時代がありましたが1986年に俳優・津川雅彦のグランパプロダクションに移籍したのをきっかけに仕事が増え始めドラマ「HOTEL」や「3年B組金八先生」、映画「私をスキーに連れてって」をはじめ活躍します。

kinpati画像出典元:News.Paravi

kinpatiokitaドラマ「3年B組金八先生」に出演する沖田浩之

画像出典元:サンダーストームのブログ

沖田浩之さんは1999年3月27日に36歳の若さで自宅で首吊り自殺をしています。

自殺理由はわかっていませんが実の兄が抱えていた借金返済が関係していると言われています。

沖田さんの父親の会社は不動産やゴルフ会員権を取り扱っていてバブル崩壊で経営が行き詰まっていました。

沖田さんの兄が会社を引き継ぎましたが巨額の借金の返済の目処は立っていなかったおらずその連帯保証人が沖田浩之さんでした。

所属事務所の社長津川雅彦さんはマスコミ取材に対して沖田浩之さんが日々の生活に困っていたという事実は否定しましたが「プロダクションから補助する形で、稼ぎ以上を渡すということはあった」と語っています。

山本陽子さんはかつて好きだった人が亡くなって相当辛かったと思います。。

 

沖田浩之と結婚しなかった理由は20歳の歳の差

沖田浩之さんは1995年、32歳のとき一般人女性と結婚しています。

山本陽子さんとは破局してしまったということですね。

破局してしまった理由は1つめに年の差婚に世間が厳しかったからと、2つ目に沖田浩之さんが浮気したからです。

1970年当時は女性が20歳も上の年の差婚が珍しかった時代。

年の差婚、逆年の差婚に関する現在の世間の声をまとめてみました。

20歳くらい離れると一般では珍しい部類に入ると思います。 男性側の経済力や容姿などがよっぽど優れていないと周囲の反対も入るだろうし、なかなか成立しないかと思います。 出産のこともありますし。

確かに。 芸能人の告白番組で、男性側からの告白は五分五分で女性はOKするのに、女性側の告白はほぼ男性が断っていますしね。仕事が手一杯で恋愛のことは考えられない等の理由で。

引用:Yahoo!知恵袋

一部では年の差婚はあまり気にしないという意見もありました。

引用:Yahoo!知恵袋

山本陽子さんは熱愛報道がされるようになった1986年に沖田浩之さんの母親から「うちの息子をどうするつもりなんですか」と詰め寄られてしまいます。

友人で作家の宇野千代さんからも「沖田くんのことどうするの」と聞かれ、「まじめに結婚したいと考えている」と答えていました。

周囲からはベテラン女優が若手のアイドル俳優をたぶらかしているように映ったのかもしれません。

山本陽子さんと沖田浩之さんの熱愛スクープを週刊誌に売ったのが当時沖田浩之さんが所属していた事務所「グランパパプロダクション」の社長・津川雅彦さんだったと言われています。

理由はわかりませんが、もし本当なら事務所の社長からも二人の恋愛は反対されていたということですね。

2つ目の理由は沖田浩之さんが新人女優にちょっかいを出しているという噂が立ったことです。

山本陽子さん自身不倫していたのに、、20歳歳下の交際相手が自分以外の相手と遊んでいるのがよほど許せなかったのかもしれません。

山本陽子さんが結婚するためには、浮気のない誠実な人と出会うことが必要なのかも知れませんね。

 

世間の声

山本陽子さんの結婚に関する世間の声をまとめました。

これだけ綺麗だと結婚していてほしいですよね。




まとめ

山本陽子さんがなぜ結婚を選ばなかったか、推測してきました。

過去に付き合った男性が相次いで自殺した経験をしています。

不倫はやっちゃいけませんが目の前の恋には全力だったんですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

これからも山本陽子さんのドラマ、映画での活躍が見逃せませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)